top of page

(ブログ)チェック柄のバリエーションにお困りですか?


(ブログ)チェック柄のバリエーションにお困りですか?

PLANSの専用モジュール「ランダムチェック」を使えば、お気に入りの色を使って簡単にチェック柄を自動生成できます。



ランダムチェックとは?
  • お気に入りの色を使って、自動的にチェック柄を生成します。

  • 生成されたチェック柄は無限のパターンから選択できます。

  • ストライプやボーダー柄にも展開できます。

  • トレンドカラーやブランドカラーを使って、イメージに合ったデザインを作成できます。

  • ランダムチェック」は全パッケージの基本構成となるDesignパッケージに含まれます。



こんな方におすすめです
  • デザインが偏りがちな方

  • バリエーションの数が足りない方

  • スケジュールがタイトな方



使い方
  1. 「ランダムチェック」モジュールで、お気に入りの色と使用する色数、パターンを設定します。

  2. 「更新」ボタンを押すと、ランダムにチェック柄が生成されます。

  3. タータンチェック、マドラスチェック、ストライプ、ボーダーなど、様々なパターンを選択できます。

  4. 気に入ったチェック柄が見つかったら、チェックデータやイメージデータとして書き出せます。

  5. PLANSの他の機能と連携して、配色や縞の編集などがスムーズに行えます。



ランダムチェック
「ランダムチェック」モジュールでチェック柄を生成


PLANSの他の機能と連携

ランダムチェックで生成されたチェック柄をベースに、チェックデータやテキスタイルデータに変換することで、さらにオリジナルのチェック柄を作成することが可能になります。



チェック
「チェック」モジュールで組織を変更

テキスタイル
「テキスタイル」モジュールで起毛した表現


チェックデータとテキスタイルデータの違い


チェックデータとテキスタイルデータは、どちらもPLANSで作成されるデータですが、それぞれ異なる特徴と用途を持っています。


チェックデータ

テキスタイルデータ

主な用途

プリントチェックなど簡易的なチェック柄作成

リアルな生地シミュレーション、生地を織るための指示データとして利用(織華対応

含まれる情報

糸の太さ、本数、密度(固定)、配色、組織

糸の形状、密度、縞割の情報、配色、組織(二層・ドビー含)

機能

シンプルなストレート糸を使用した縞のデザイン、配色・組織編集との連携、イメージとテキスタイルデータへの変換

糸に陰影を付けるかぶり効果や起毛表現でリアルなデザイン、配色プリント、縞割表の出力、糸イメージの入力、イメージと織華データへの変換

パッケージ



マッピング機能を活用すると、写真やイラストなどの既存のイメージに、デザインデータを重ねてシミュレーションすることができます。


マッピング
「マッピング」モジュールで製品イメージの作成


PLANSユーザーの方は、ヘルプメニューからオンラインヘルプにて各マニュアルが参照いただけます。

「ランダムチェック」で、手早く簡単にチェック柄のバリエーションを作成しましょう!



 

(関連記事)

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page