top of page

(ブログ)カバーリングデザインにはマッピングが最適です

PLANSには、効率よく編集できるモジュールがいくつもあります。その機能のひとつである、出来上がりイメージをつくるマッピング合成の機能についてご紹介いたします。



テキスタイル機能で作成したチェック柄を合成しました。

合成した柄に配色展開がある場合、マッピング合成した後もその配色は保持されます。


リアルな製品イメージでサンプルコストを大幅に削減

デザインイメージをシミュレーションすることで、製品の出来上がりイメージが明確になり、作業の効率を高めることが可能になります。配色バリエーションなどのサンプルコストを大幅に削減しながら、企画・提案力を高めます。



PLANSのマッピング機能では、しわや凹凸、ゆがみなどに合わせてメッシュを作成し、柄を合成します。メッシュを作成することで、立体的でリアリティある合成になります。


出来上がったメッシュデータを利用して、柄の差し替え、配色の切り替えをしながら、手早くバリエーション展開がが可能になります。


マッピング完成イメージ
マッピング完成イメージ

ご紹介しましたデザインイメージは、PLANSのマッピングとテキスタイル、ストライプのモジュールを使用しています。


カバーリングデザイン、また豊富なバリエーションを持つデザインには、配色やサイズ変更にも対応できるマッピングシミュレーションが活躍します。シミュレーションサンプルギャラリーもあわせてご覧ください。


柄の作成と写真へのマッピング合成



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page