FAQ

4DboxPLANS ユーザー専用

PLANSに関するよくあるご質問(FAQ)を集めました。​

Print Design 機能に関連するよくある質問

Q Photoshop・Illustratorで保存したファイルが開けない

Q Photoshopで保存したTIFFデータが開かない

Q IllustratorでSVG保存したものを「PLANS>オブジェクト>SVG読み込み」で開くと真っ黒になる

Q 配色作成したものをパッチ付きで画像保存したい

Q モザイク図案にグリッド線が入った状態で書き出し保存したい

Q パッチが印刷されない

Q 配色名・色名が表示されない

Q ファイル名が表示されない、または切れている

Q 大きい図案を複数枚で印刷したい

Q 縮率がわかるスケールを印刷したい

Q 配色編集のプリントで実寸で印刷したい

​Q 色まとめができない

Q レタッチができない

​Q 千鳥格子を作成したい

​Q グレンチェックを作成したい

Q モザイク作成で希望の針数が入力できない​

Q モザイク画の編集で1マス挿入・削除をしたい

Q モザイクデータの定規に色数が表示されない

Q 実寸サイズで柄を合成したい

Q 複数のメッシュへ同時に柄を貼り付けたい

Q マッピングデータが重たい

​Q 図案のサイズを変更したい

Q 図案の背景だけサイズを変更したい(余白を増やす・減らす)

​Q 図案を劣化させずにサイズ変更がしたい

​Q 図案の一部分を透明にしたい

Q 図案の線を太くしたい

​Q 作成した線画に柄をマッピング合成後、影を付けたい​

Q 複数のウィンドウを並べて表示したい

Q インデックス画像が崩れて表示されている

Q パターン塗りつぶしツールに登録したパターンが表示されない

Textile Design 機能に関連するよくある質問

Q 絵で保存した場合の制限サイズは?

Q テキスタイルのデータをJPEG保存したい

Q 印刷すると柄がぼけて見える

Q 用紙サイズより大きい柄を複数枚の用紙を使って印刷したい

Q 柄全体のサイズ変更をしたい

Q 織り上がりイメージのサイズと印刷結果が実際と異なる

Q 組織図の最大サイズは?

Q 下絵表示を使いたいが画像を選択することができない

Q 希望の糸密度に変更できない

Q 糸番手や番手表を編集したい

Q 千鳥格子を作成するには?

Q グレンチェックを作成するには?

Knit Design 機能に関連するよくある質問

Q ニットの制限サイズは?

Q ニットのステッチ画にグリッド線を付けた状態で画像保存したい

Q 撚り糸設定をしていないのに撚り糸になってしまう

Q サイズを変更してペーストができない

Q ニットに書き出しができない

Q 作成した記号を反転させたい

 
 

Q

Photoshop・Illustratorで保存したファイルが開けない

A

以下の設定項目をご確認ください。

・ファイル形式が(.png)(.jpg)(.bmp)(.tif)のいずれかにしてください。

・カラーモードはRGBカラーにしてください。

ファイル形式について>

Q

Photoshopで保存したTIFFデータが開かない

A

テキストレイヤーやレイヤースタイルの設定がしてあるレイヤーはPLANS では開きません。あらかじめ、ラスタライズをして画像レイヤーにしてください。
保存時のTiffオプションは 画像圧縮>なし、ピクセルの順序>インターリーブ、バイト順序>Macintosh、レイヤー圧縮>RLE に設定してください。

Photoshop で TIFF 保存をする場合>

Q

IllustratorでSVG保存したものを「PLANS>オブジェクト>SVG読み込み」で開くと真っ黒になる

A

以下の設定項目をご確認ください。

・IllustratorでSVG保存時に、SVGオプション>詳細オプション>CSSプロパティを「プレゼンテーション属性」に設定してください。

パス>

Q

配色作成したものをパッチ付きで画像保存したい

A

ファイル>プリントプレビュー>OK>解像度(デフォルトは最適な解像度です。または100・144・200)とイメージタイプ(PNG・JPEG)を選んで保存ができます。
印刷>
配色編集>

Q

モザイク図案にグリッド線が入った状態で書き出し保存したい

A

グリッド線をつけたままの書き出しは対応しておりません。
「プリントプレビュー>モザイクプリント>保存>JPEG」などで画像へ書き出すことは可能です。
モザイク>

ニットモジュールご契約の方は「ファイル>ニットに書き出し>オプション>絵で保存」でグリッド付きの保存が可能です。

開く・保存

 

印刷

Q

パッチが印刷されない

A

パッチ印刷には、表示/非表示の設定項目があります。以下の設定項目をご確認ください。

・レイヤーの8の数字の下にある3つの四角いパッチがグレーになっていないか?

・環境設定でパッチの設定がOFFになっていないか?

・カラーモードがRGBカラーになっていないか?

​参考画像>

印刷>

Q

配色名・色名が表示されない

A

以下の設定項目をご確認ください。

(Win)編集/(Mac)PLANS >環境設定>プリント>基本>「レイヤー毎に分ける」「色名」にチェックを付ける。

印刷>

Q

ファイル名が表示されない、または切れている

A

以下の設定項目をご確認ください。

(Win)編集/(Mac)PLANS >環境設定>プリント>用紙>余白を調整しご確認ください。

※プリンターによって設定する余白の大きさは異なります。

印刷>

Q

大きい図案を複数枚で印刷したい

A

以下の設定項目をご確認ください。

(Win)編集/(Mac)PLANS >環境設定>プリント>用紙>分割出力「複数ページの場合は分割」のチェックをつける。

印刷>

Q

縮率がわかるスケールを印刷したい

A

以下の設定項目をご確認ください。

・(Win)編集/(Mac)PLANS >環境設定>プリント>基本>「フッター」のチェックをつける。

・プリントプレビュー画面で「スケール印刷」にチェックをつける。

印刷>

Q

配色編集のプリントで実寸で印刷したい

A

「配色編集>プリント」で表示される配色プリント画面で、表示されている倍率(%)を「100%」にすると実寸での印刷が可能です。(ズームツールダブルクリックで100%表示)

配色編集>

 

色まとめ・レタッチ

Q

色まとめができない

A

以下の設定項目をご確認ください。

・リピートがONになっていないか?「表示>リピート設定>オフ>OK」

・レイヤーが複数枚ないか? (ver3.5まではレイヤーを統合する、または、色まとめしたいレイヤーのみを表示させておき色まとめをする。 ver4.0からはレイヤーが複数枚の場合も色まとめ可能です。)

・すでにインデックスカラーのファイル になっていないか?RGBカラーに変換してご利用ください。「イメージ>RGBカラーに変換>全てのレイヤー 」

色まとめ>

Q

レタッチができない

A

以下の設定項目をご確認ください。

・元図案と色まとめ図案の2つのデータが開かれているか?

・2つの図案のサイズ、解像度に違いはないか?

・元図案と色まとめ図案の2つのデータがリピートがONになっていないか?

レタッチ>

 

​チェック

Q

​千鳥格子を作成するには?

A

以下の作成例をご参考ください。

(1)組織リストから「2/2綾」を選択します。(2)経緯ともに、白い糸を4本、黒い糸を4本入力します。(3)全体リピートをします。 ※綾組織のサイズに合わせて本数を入力します。

千鳥格子・グレンチェックの作り方>

(ブログ)千鳥格子・グレンチェックの作り方>

Q

​グレンチェックを作成するには?

A

以下の作成例をご参考ください。

(1)組織リストから「2/2綾」を選択します。(2)経緯ともに、白い糸を4本、黒い糸を4本入力します。(3)(2)の計8本の糸をリピートします。(4)経緯ともに、白い糸を2本、黒い糸を2本入力します。(5)(4)の計4本の糸をリピートします。(6)全体リピートをします。※綾組織のサイズに合わせて本数を入力します。

千鳥格子・グレンチェックの作り方>

(ブログ)千鳥格子・グレンチェックの作り方>

 

モザイク

Q

モザイク作成で希望の針数が入力できない

A

解像度を50ppi以下に変更する為、希望した針数を入力できない場合があります。

以下の手順で操作してください。

(1)イメージ>画像解像度を選択。(2)ドキュメントのサイズの幅を1.5倍〜2倍程の数値を入力>OK(3)再度、モジュール>モザイク>モザイク作成>ステッチで希望の針数が入力できるかご確認ください。※希望の針数が入力できない場合(2)で更にサイズを大きく変更してください。

モザイク>

Q

モザイク画の編集で1マス挿入・削除をしたい

A

挿入削除ツール(塗りつぶしツールオプション)で1ピクセルごとの挿入・削除が可能です。

方向(水平・垂直)を選び、挿入または削除したい列をクリックします。

モザイク>

Q

モザイクデータの定規に色数が表示されない

A

以下の設定項目をご確認ください。

・(Win)編集/(Mac)PLANS >環境設定>定規「水平方向の色数を表示」にチェックを付ける。

・レイヤーが1枚の時のみ表示されます。

・画面表示が800%以上にする。※800%未満は表示されません。

モザイク>

 

Q

実寸サイズで柄を合成したい

A

以下の手順で操作してください。

(1)使用している画像のレイヤーを選択。(2)ものさしツールを選び、画像内の寸法がわかる場所をドラッグする。(3)オプションバーに表示される「設定」ボタンを押し、実サイズに寸法を入力する。(4)通常通りにマッピングで柄を合成後、マッピングダイアログ内の「リピート>自動スケール」にチェックを入れると実寸サイズに計算されて合成されます。

マッピング>

Q

​複数のメッシュへ同時に柄を貼り付けたい

A

参照レイヤーの機能を使用することで、複数のメッシュへ同時に柄を貼り付けたり、スケールを同時に変更することが可能です。

詳細はこちら>

Q

マッピングデータが重たい

A

ジャケットやシャツなどパーツの多いマッピングデータはメッシュレイヤーが増えるほどデータ容量が重くなります。以下の設定項目をご確認ください。

(1)ペーストイメージはなるべく小さいリピート単位で作成します。(2) 参照が可能なメッシュは、それぞれイメージをペーストせずに先に参照設定を行います。

マッピングデータが重たくなる場合>

マッピング

 

描画・編集

Q

図案のサイズを変更したい

A

イメージ>画像解像度>ドキュメントのサイズに任意の数値を入力します。​図案全体のサイズが変更されます。

イメージ>

Q

図案の背景だけサイズを変更したい(余白を増やす・減らす)

A

イメージ>カンバスサイズ>変更後のフィイルサイズに任意の数値を入力します。

「相対」にチェックを付けると+◯cm、−◯cmと増減の数値を指定することも可能です。

​モチーフのサイズは変更せず、余白を増やしたいまたは減らしたい場合に有効です。

イメージ>

Q

図案を劣化させずにサイズ変更がしたい

A

解像度を変更して、図案の見た目を変えずドキュメントサイズ変更が可能です。

「イメージ>画像解像度>  [ 画像の再サンプル ] のチェックを外す。>任意のサイズを入力。

※自動的に解像度が入力されます。(図案を拡大すると解像度が下がり、縮小すると解像度が上がります。)

イメージ>

Q

図案の一部分を透明にしたい

A

背景レイヤーがロックされたままだと透明することはできません。

「背景レイヤーの上で右クリック>背景>背景をレイヤーに」または「レイヤー>背景>背景をレイヤーに」変更してから、透明にする部分を選択>編集>カットすると透明にすることが可能です。

消しゴムツールを使用した場合も同じ効果があります。

レイヤー>

Q

図案の線を太くしたい

A

インデックス図案であれば、カラーパネルから太くしたい線の色に指定マークを付けて、「 フィルター>指定色を細く・太く」で変更が可能です。

フィルター>

Q

作成した線画に柄をマッピング合成後、影を付けたい

A

マッピングレイヤーの上にレイヤーを追加して(オーバーレイ)、グレーで塗りつぶした後に、覆い焼きツール又は焼き込みツールで陰影をつけることができます。

線画への影付け方法>

 

表示

Q

複数のウィンドウを並べて表示したい

A

Altキー(Mac:Optionキー)を押しながら、並べたいデータをPLANSの作業画面下のドキュメントリストから2つ選んでクリックすると2つ並べて表示が可能です。

Q

インデックス画像が崩れて表示されている

A

「表示>インデックス画像の品質>画質優先」にします。速度優先の場合、ドットが間引きされて、表示倍率によっては画像が崩れて表示されることがあります。

表示>

Q

パターン塗りつぶしツールに登録したパターンが表示されない

A

登録するパターンのサイズが1024pixel以下のPNG形式になっているかご確認ください。

パターンペイント>

 

Q

絵で保存した場合の制限サイズは?

A

「縞入力>絵で保存」から保存された画像解像度は240ppiになります。 制限サイズは以下のピクセル(pixel)サイズになります。

PNG形式の場合は、4,000×4,000pixel 相当(約423mm×423mm )、

4di形式の場合は、  20,000×20,000pixel 相当(約2,117mm×2,117mm)

※ (PNG:4,000x4,000=16,000,000pixel 、4di:20,000×20,000=400,000,000pixel が最大サイズ面積)

保存>

Q

テキスタイルのデータをJPEG保存したい

A

「縞入力>絵で保存」はPNGまたは .4di形式の保存になります。 JPEGで保存したい場合は、「縞入力>イメージに書き出し」で書き出されたデータを「ファイル>書き出し>JPEGイメージ…」から保存し直します。

Q

印刷すると柄がぼけて見える

A

「ファイル>プリントプレビュー>モアレ消し」による設定を調整を行ってください。

印刷>

Q

用紙サイズより大きい柄を複数枚の用紙を使って印刷したい

A

「ファイル>プリントプレビュー>柄>別紙」にチェックを入れます。​柄は重なり幅なしで印刷されます。

※「柄>リピート」のチェックをオフにすると、作成したサイズで印刷できます。

印刷>

Q

柄全体のサイズ変更をしたい

A

柄全体を50%に縮少など、糸を間引いてサイズを変更したい場合は「 縞入力>サイズ変更」から、任意のサイズまたは縮率を入力してサイズ調整可能が可能です。

縞入力>

Q

織り上がりイメージのサイズと印刷結果が実際と異なる

A

縞入力機能は、指定本数分の糸を並べて設定する編集作業用画面のため、織り上げイメージは必ずしも部分密度を正確に反映するものではありません。正確な確認は「縞入力>実寸プレビュー」またはプリントしてご確認ください。

※「縞入力>縮小表示」は実寸ではありません。

※実寸プレビューは、あらかじめ環境設定による「画面解像度の設定」が必要です。

縞入力>

スケールのメモリ幅について>

Q

組織図の最大サイズは?

A

組織の最大サイズは、通常組織:4,096 × 4,096 pixel、二層組織:512 × 512 pixel、ドビー組織:1,024 × 1,024 pixel になります。

メニューバー項目>

Q

下絵表示を使いたいが画像を選択することができない

A

(.jpg .png .bmp) 形式のみ対応しております。ファイル形式をご確認ください。

下絵表示で柄を作成する方法>

Q

希望の糸密度に変更できない

A

使用している糸が持つ、デフォルト密度の1.9倍までの密度が設定できる仕様になっております。(例:糸密度60/inchの糸を使用している場合は、約114本/inchまで設定が可能です。)

Q

糸番手や番手表を編集したい

A

既存の糸や作成した糸の番手の編集が行えます。以下の手順をご確認ください。

糸番手を変更する>

オリジナル番手表を作成する方法>

Q

千鳥格子を作成するには?

A

以下の作成例をご参考ください。

(1)組織リストから「2/2綾」を選択します。(2)経緯ともに、白い糸を4本、黒い糸を4本入力します。(3)全体リピートをします。 ※綾組織のサイズに合わせて本数を入力します。

千鳥格子・グレンチェックの作り方>

(ブログ)千鳥格子・グレンチェックの作り方>

Q

グレンチェックを作成するには?

A

以下の作成例をご参考ください。

(1)組織リストから「2/2綾」を選択します。(2)経緯ともに、白い糸を4本、黒い糸を4本入力します。(3)(2)の計8本の糸をリピートします。(4)経緯ともに、白い糸を2本、黒い糸を2本入力します。(5)(4)の計4本の糸をリピートします。(6)全体リピートをします。※綾組織のサイズに合わせて本数を入力します。

千鳥格子・グレンチェックの作り方>

(ブログ)千鳥格子・グレンチェックの作り方>

 

Q

ニットの制限サイズは?

A

ニット機能の制限サイズは以下のとおりになります。

最大ケージサイズは50inch(196/10cm)、目数・段数は最大1,024目 1,024段になります。編み上げサイズから設定する場合は72inch(182cm)になります。

Q

ニットのステッチ画にグリッド線を付けた状態で画像保存したい

A

​ステッチ画面で「オプション>絵で保存」を選択すルトグリッド付きの画像保存が可能です。

または ファイル>プリントプレビュー>グリッドにチェックを付ける>OK>保存 でも可能です。

印刷>

Q

撚り糸設定をしていないのに撚り糸になってしまう

A

1つの配色に撚り糸設定をすると、他の配色にも自動的に同じ比率(%)で撚り糸(黒色)が設定されます。 撚り糸にしない配色は撚り糸パネルの数値を0(%)にしてご利用ください。

編み上げ>

Q

サイズを変更してペーストができない

A

ステッチ画面で「オプション>サイズを変更してペースト」する際に以下の項目をご確認ください。

・モザイク画像がフルカラーになっていないか?

・モザイクのゲージサイズが50以上になっていないか?

メニューバー項目>

Q

ニットに書き出しができない

A

モザイク画像から「ファイル>ニットに書き出し」する際に以下の項目をご確認ください。

・モザイク画像がフルカラーになっていないか?

・モザイクのゲージサイズが50/ inch 以上になっていないか?

モザイク>

Q

作成した記号を反転させたい

A

記号入力画面で、記号スタンプツールを選び、Altキー(Mac:Optionキー)を押しながら反転させたい記号の範囲を囲います。 反転させたい向きをFマークから選び、任意の場所でクリックします。

記号>